サイト内検索

当サイト内のコンテンツ(農林産物、お知らせ、よくある質問、レシピなど)の中から欲しいものを探し出すことができます。

約8件が表示されています。

2021. 3.25(木)

"越前おおの"冬の風物詩。冬になれば大野市のどこの家庭でも食卓にあがる、代表的な郷土料理です。味付けも各家庭によって様々で、代々受け継がれています。報恩講やお客さん料理には必ず作られます。 (レシピ協力 めっけもん倶楽部)

"越前おおの"冬の風物詩。冬になれば大野市のどこの家庭でも食卓にあがる、代表的な郷土料理です。味付けも各家庭によって様々...

2021. 3.23(火)

福井県で生まれたコシヒカリは、甘みと旨みのあるお米として今では全国で生産されています。大野市は九頭竜川の源流域に位置し、清らかな水が豊富です。そして山間盆地特有の昼夜の大きな寒暖差が米粒に旨味を蓄えてくれます。 大野のお米が美味しい理由は4点あります。 ①米作りに適した粘土状の土地と土壌分析 美味しい米作りにはまず土づくりから始まります。大野では古くから米作りが盛んです。また、近年では県...

福井県で生まれたコシヒカリは、甘みと旨みのあるお米として今では全国で生産されています。大野市は九頭竜川の源流域に位置し、...

2021. 3.23(火)

「越前おおの産」産地保証制度とは? また産地偽装などの問題から、ますます“安心・安全”で産地イメージが良い農林産物が喜ばれています。そこで、生産者の申請により当財団が直接“畑(圃場)”を確認し間違いなく大野で生産されたものであることを確認し、保証することが『越前おおの産地保証制度』です。   ポイント 越前おおの農林樂舎が市内でとれた農林産物の産地を保証します。 ...

「越前おおの産」産地保証制度とは? また産地偽装などの問題から、ますます“安心・安全”で産地イメージが良い農林産物が喜...

2021. 3.23(火)

大野市農業再生協議会再生協議会とは 大野市の農業者の経営の安定と農業が持つさまざまな機能を維持するために、各農業者団体などの連携体制の構築や農作物の生産振興、米の需給調整の推進を行うことで大野市の地域農業を振興するとともに、将来の農業担い手の確保や育成、農地パトロールでの荒廃地の情報収集、耕作放棄地再生利用緊急対策事業を実施した圃場の作付け調査を行っています。   組織図 ...

大野市農業再生協議会再生協議会とは 大野市の農業者の経営の安定と農業が持つさまざまな機能を維持するために、各農業者団体...

2021. 3.23(火)

「どんグリーン広場って?」 上庄地区にある約32,000m2の緑の広場です。緑化活動や環境保全活動に取り組む拠点として整備してます。どんグリーン広場は「越前おおのエコフィールド」の愛称です。     (写真左からどんぐりの苗、小学校でのどんぐりの里親事業、植樹作業です。)   「何をするの?」 参加団体・企業や地域の方と一緒に、越前おおのエコフィールドの管理運営協...

「どんグリーン広場って?」 上庄地区にある約32,000m2の緑の広場です。緑化活動や環境保全活動に取り組む拠点として...

2021. 3.23(火)

旬の野菜をお届けする「うごく八百屋おおのさん」、米の生産調整・転作などを行う大野市農業再生協議会、こだわりの栽培方法で作られた農林産物を認証する「越前おおの里の恵み認証制度」などを掲載しています。

旬の野菜をお届けする「うごく八百屋おおのさん」、米の生産調整・転作などを行う大野市農業再生協議会、こだわりの栽培方法で作...

2021. 3.22(月)

大野市は内陸型の気候で昼夜の寒暖の差が大きいことから、全国的に高い評価を受けている里芋をはじめ、 ねぎやなすなど質の高い農作物が生産されています。大野で育てられた農作物は「味が良い」「美味しい」と評判が良い自慢の品です。

大野市は内陸型の気候で昼夜の寒暖の差が大きいことから、全国的に高い評価を受けている里芋をはじめ、 ねぎやなすなど質の高...

2021. 3.22(月)

「人がつながり地域がつながる 住み続けたい結のまち」大野市農林業の発展と地域社会経済の活性化に寄与します。

「人がつながり地域がつながる 住み続けたい結のまち」大野市農林業の発展と地域社会経済の活性化に寄与します。